ねぇ、センチミらないでね。〜温詞blog〜

ねぇ、忘れないでね。 / センチミリメンタルの温詞のブログです。

ぶらりひとり旅 in 大阪

お久しぶりです!

先日、ふと思い立ち、ひとり旅をしてきました。
はるばる大阪まで!

今回はそのお話を。


さて、午前11:00あたりに出発しました。

車を走らせること数分、まず最初の目的地はこちら!

 

f:id:huzimakiatusi:20170912174319j:image

いい気分になると謳っているコンビニエンスストアです。
税金類を支払ってきました。
いい気分にはなりませんでした。嘘つき。


さて、最悪なスタートとなりましたが、高速に乗り大阪に向けてスイスイと!

 

 f:id:huzimakiatusi:20170912174335j:image


写真を撮りましたが、特に何をしたわけでもなく、レッドブルを買っただけでした。
なぜ撮ったのか。

そんなこんなで大阪に到着!!

 

f:id:huzimakiatusi:20170912174401j:image


なんかパチンコ屋さんみたいなスーパーの近くに車を停めました。なんでパチンコ屋さんテイストにしたんだろう。節約にこだわる主婦を遠ざけそうなのに。
セクハラ反対を謳うお姉さんがミニスカ的な。
暗い歌を歌う人がステージ降りたら明るいとか。それは俺か。

 

 f:id:huzimakiatusi:20170912174415j:image


すごいペコペコしてるマネキンをは発見しました。
日本人の良いところでもあり、悪いところでもありますね。
そこを切り取って固定してしまうなんて。残酷。

そして、移動してアメ村にむかいました!!

 

f:id:huzimakiatusi:20170912174442j:image


このラーメンすごくすごく美味しかったです。ただひとつだけ、ネギ抜きでと頼んだのにネギが入っているのは、僕が店員さんの好みのタイプじゃなかったからなのでしょうか。男を磨いて出直して来ます。

その後、待ち合わせがあったので、集合場所に向かいました。

 

f:id:huzimakiatusi:20170912174501j:image


久しぶりの再会。ぐりちゃん。
嬉しそうに両手を広げて出迎えてくれました。
いつも変わらぬ君でいてくれてありがとう。
でもそろそろ上着準備しといた方がいいよ、冬は寒いから。

 

f:id:huzimakiatusi:20170912174516j:image


その後近くのTSUTAYAでCDを11枚買いました。大阪まで行ってTSUTAYAかよって発言は無粋ですよ。

 

 f:id:huzimakiatusi:20170912174529j:image


あとなんか知らんけどイグアナいました。

そして帰り。
看板を頼りにナビなしで自宅に帰れるかという挑戦のもと、無事帰宅しました。

 

f:id:huzimakiatusi:20170912174627j:image


まぁ、そんなわけで帰ったのですが、読んでいただいても分かる通り特に盛り上がりのない平凡な旅でした。

でも皆さん思いませんか。
華やかなパレードを見たとか、初対面の人と意気投合したとか、帰り道に流れ星を見たとか、そんなものだけが旅ではありません。
なんてことない時間の中に、自分でも気付かないようなきらめきがひっそりと隠れていたりするのだから。。。

最後に。
旅は計画的に行くのがオススメです。
(僕は懲りずにきっとまた無計画で行きますが。)

 

 

---

 

著者 : 温詞(ねぇ、忘れないでね。/ センチミリメンタル)


 Twitter

https://twitter.com/huzimakiatusi



プロフィール
2012年、自身のソロ名義での音楽活動を開始後、そのサポートメンバーと、ポップロックバンド「センチミリメンタル」を結成。作詞作曲編曲全てを担当。
2015年に新プロジェクトとして、ソロユニット「ねぇ、忘れないでね。」での活動を開始。同年、メジャー直結型オーディション「イナズマゲート2015」にてグランプリを獲得した。
自身の活動と並行して、様々なアーティストへの楽曲提供やサウンドプロデュースを行う等、多方面に活動の場を広げている。


---

 

ねぇ、忘れないでね。オフィシャルサイト
http://ne-wasu.com
ねぇ、忘れないでね。 Twitterhttps://twitter.com/ne_wasu
「ラブソング / ねぇ、忘れないでね。」
https://youtu.be/aTZKpDm-

「echo / センチミリメンタル」
https://youtu.be/zk4bKYUkwzE
「小説版 echo(本人著)」
http://slib.net/a/13358/