はみだしあつし。〜センミリブログ〜

センチミリメンタルの温詞のブログです。

さよならひーくん、いつかまたここで。

目覚めると酷く寒かった。
この季節ではいつものことだ。寝相のせいか、目覚めの時いつも掛け布団が自分の体より左側にずれている。
まるで世間から少しずれている自分のようだ、だから周りの空気は少し冷たく感じる…なんて馬鹿げたことを、ふと思った。

布団から出て、リビングに向かう。氷のような床の温度に蝕まれた足の感覚を取り戻そうと、真っ先に靴下を履き、それから服を着替えた。
その後、寝癖を直すために髪を濡らすのだが、この季節の水道水はもはや凶器に等しい。冷たさに頭をかち割られるわけにもいかないので、お湯で髪を濡らした。
タオルを手に取り、余計な水分を拭き取る。顔を上げ、鏡に目を移すと、そこには髪の濡れた疲れ顔の僕と、ひーくんが映り込んでいた。

いつからか、僕の中にはひーくんという生物が住み着いている。
ひーくん。
正確には生物と言っていいものなのか危うい存在ではあるけれど、とりあえず僕の中では生物ということにしている。
ひーくんはとても無機質だ。
言葉を話したりは出来ないし、表情もない。触れてみても温度すら感じない。ただ少しずつ少しずつ成長していくだけ。マリモみたいなものとでも言えばいいのだろうか。
そんなひーくんでも、僕はどことなく愛着めいたものを感じていて、時折撫でてみたりする。その度にひーくんは嬉しそうに(僕は勝手にそう捉えている)声とも言えないような、不思議な鳴き声をあげるのだ。
鏡に映った、随分と成長したひーくんを撫でると、例の如くひーくんは鳴き声をあげた。

そろそろかな。
さよならの気配はすぐそこまで来ていた。

何年か前、当時の恋人はひーくんのことをとても嫌っていた。ひーくんが現れ、次第に成長していく度に怪訝な表情を浮かべた。
それだけではない。ひーくんは基本的に周りから、特に女性からの評判が良くなかった。
でも、それも仕方ないことだ。いかんせん、ひーくんはその見た目が悪かった。お世辞にも美しいとは言えるものではない。

お前は何も悪くないのになぁ。

そう言ってひーくんを撫でると、また変な鳴き声をあげた。

髪を乾かして整えた後、リビングに置かれているひーくんと僕を切り離す装置を手に取った。
さよならの時だ。
電源を入れる前、ふと窓の外を見ると、何故だか昔の恋人の声が聞こえた気がした。

ねぇー、またぁー。

怪訝な表情の彼女は、ひーくんを撫で、そして呆れたように笑った。ひーくんも嬉しそうに鳴いていた。
そんなことも、もう手の届かない遠い昔のことのように感じる。
胸の奥がきゅっと痛んだ。

また会うための「さよなら」は幸せだ。
さよならをして、また普通に会えるということは当たり前のことじゃない。
だってね、ひーくん。もう会えなくなるような、さよならもあるんだよ。
だからこれは、幸せな、さよならなんだ。

鏡の前に立ち、装置の電源を入れる。
それをひーくんに当てると、悲しそうな鳴き声をあげた。
ごめんね。と、ひーくんにそう語りかける。
でも、またすぐ僕らはここで会えるから。

ひーくんはどんどん僕から切り離されていき、やがて、見えなくなった。
それから僕は家を出て、いつもと変わらない街並みをひとりで歩き出した。

 

(終)

 

〜〜〜


ヒゲを剃りました。というだけのネタではブログとして成立しないので、ヒゲを剃ることをいかに切なく、リリカルに描けるかというのが今回のブログのテーマでした。
どうでしたでしょうか。
ただ「ヒゲを剃りました。」って内容でも、書き方ひとつで見え方も全然変わるな〜と。改めて言葉の面白さに気付けたような、そんな気がしています。個人的には。

ちなみに、実際にはヒゲに対してひーくんなどという名前はつけていないのでそこだけはご安心下さい。


---

 

著者 : 温詞(センチミリメンタル)
Twitter
https://twitter.com/huzimakiatusi
https://twitter.com/cenmilli

プロフィール
2012年、自身のソロ名義での音楽活動を開始後、そのサポートメンバーと、ポップロックバンド「センチミリメンタル」を結成。作詞作曲編曲全てを担当。 2015年に新プロジェクトとして、ソロユニット「ねぇ、忘れないでね。」での活動を開始。同年、メジャー直結型オーディション「イナズマゲート2015」にてグランプリを獲得した。
2018年より、ふたつの名義を統合し、新生「センチミリメンタル」として新たなスタートを切った。 また、自身の活動と並行して、様々なアーティストへの楽曲提供やサウンドプロデュースを行う等、多方面に活動の場を広げている。

 

---

2018年になりました。

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
ずっとブログを書いていなかったんですけど、先日、シンガーソングライターの大瀧ヌーさんという方ににお会いした時に「ブログ面白いかったのに最近書いてないね、また書いてよ!」と言ってもらったので機嫌をよくして書きました。
褒められると伸びるタイプ。
これテストに出るので覚えておいて下さい。
褒められると伸びるタイプ。
大事なことなので二回言いました。

 

さてさて。前回のブログから今回までの間で、色んなことがありました。
そんな中でも一番は、ねぇ、忘れないでね。の人ではなくなったこと。
まさかまさかのことで、思ってもみませんでした。
これでもう忘れ物をしても「ねぇ、忘れないでね。が忘れ物してる!!!」と揶揄されることもないわけです。ふっふ。

 

考え方、気持ち、環境…
自分を含め周りも、常に変わり続けていくものだなぁと改めて思います。良くも悪くもね。

昨日までの「ねぇ、忘れないでね。」も、突然「元・ねぇ、忘れないでね。」になるわけだし、昨日までの「恋人」も、突然「他人」になる。昨日までの「生きている人」も、突然「死んでいる人」になりうるわけで。


僕は基本的に変わることをすごく恐れていて、何事に対しても「このままずっと続けばいいのに」と思ってしまう所がある。
でも、他人の気持ちまでは操作できないから、すれ違いが起こるわけだし、気持ちが変わっていくわけだし、そうして結果的に距離が生まれたり、別れが訪れたり。人生って難しい。

 

だいぶ話が重たくなってきたので、
ここらで一旦ダジャレを挟みますね。

 


【危機!!キリンに襲われる樹木希林

 


さて換気も終わったので(?)話を戻して。

自分も含め、取り巻く全てが変わっていく、変わっていってしまうからこそ、一日一日、一人一人、一言一言をもっと大切にしなきゃいけないんだよなって思います。
思ってるんだけどね。
気付くのはいつも失ってからだから。
それでも、少しでもその失う大切なものを減らせるように。忘れないために。
僕の「大切」を切り取った傷跡を、言葉にして、音に乗せて、これからもたくさん紡いでいきます。
今年もよろしく。

 

---
 
著者 : 温詞(センチミリメンタル)

 Twitter
https://twitter.com/huzimakiatusi

https://twitter.com/cenmilli

 

プロフィール

2012年、自身のソロ名義での音楽活動を開始後、そのサポートメンバーと、ポップロックバンド「センチミリメンタル」を結成。作詞作曲編曲全てを担当。 2015年に新プロジェクトとして、ソロユニット「ねぇ、忘れないでね。」での活動を開始。同年、メジャー直結型オーディション「イナズマゲート2015」にてグランプリを獲得した。
2018年より、ふたつの名義を統合し、新生「センチミリメンタル」として新たなスタートを切った。 自身の活動と並行して、様々なアーティストへの楽曲提供やサウンドプロデュースを行う等、多方面に活動の場を広げている。

---

ぶらりひとり旅 in 大阪

お久しぶりです!

先日、ふと思い立ち、ひとり旅をしてきました。
はるばる大阪まで!

今回はそのお話を。


さて、午前11:00あたりに出発しました。

車を走らせること数分、まず最初の目的地はこちら!

 

f:id:huzimakiatusi:20170912174319j:image

いい気分になると謳っているコンビニエンスストアです。
税金類を支払ってきました。
いい気分にはなりませんでした。嘘つき。


さて、最悪なスタートとなりましたが、高速に乗り大阪に向けてスイスイと!

 

 f:id:huzimakiatusi:20170912174335j:image


写真を撮りましたが、特に何をしたわけでもなく、レッドブルを買っただけでした。
なぜ撮ったのか。

そんなこんなで大阪に到着!!

 

f:id:huzimakiatusi:20170912174401j:image


なんかパチンコ屋さんみたいなスーパーの近くに車を停めました。なんでパチンコ屋さんテイストにしたんだろう。節約にこだわる主婦を遠ざけそうなのに。
セクハラ反対を謳うお姉さんがミニスカ的な。
暗い歌を歌う人がステージ降りたら明るいとか。それは俺か。

 

 f:id:huzimakiatusi:20170912174415j:image


すごいペコペコしてるマネキンをは発見しました。
日本人の良いところでもあり、悪いところでもありますね。
そこを切り取って固定してしまうなんて。残酷。

そして、移動してアメ村にむかいました!!

 

f:id:huzimakiatusi:20170912174442j:image


このラーメンすごくすごく美味しかったです。ただひとつだけ、ネギ抜きでと頼んだのにネギが入っているのは、僕が店員さんの好みのタイプじゃなかったからなのでしょうか。男を磨いて出直して来ます。

その後、待ち合わせがあったので、集合場所に向かいました。

 

f:id:huzimakiatusi:20170912174501j:image


久しぶりの再会。ぐりちゃん。
嬉しそうに両手を広げて出迎えてくれました。
いつも変わらぬ君でいてくれてありがとう。
でもそろそろ上着準備しといた方がいいよ、冬は寒いから。

 

f:id:huzimakiatusi:20170912174516j:image


その後近くのTSUTAYAでCDを11枚買いました。大阪まで行ってTSUTAYAかよって発言は無粋ですよ。

 

 f:id:huzimakiatusi:20170912174529j:image


あとなんか知らんけどイグアナいました。

そして帰り。
看板を頼りにナビなしで自宅に帰れるかという挑戦のもと、無事帰宅しました。

 

f:id:huzimakiatusi:20170912174627j:image


まぁ、そんなわけで帰ったのですが、読んでいただいても分かる通り特に盛り上がりのない平凡な旅でした。

でも皆さん思いませんか。
華やかなパレードを見たとか、初対面の人と意気投合したとか、帰り道に流れ星を見たとか、そんなものだけが旅ではありません。
なんてことない時間の中に、自分でも気付かないようなきらめきがひっそりと隠れていたりするのだから。。。

最後に。
旅は計画的に行くのがオススメです。
(僕は懲りずにきっとまた無計画で行きますが。)

 

 

---

 

著者 : 温詞(ねぇ、忘れないでね。/ センチミリメンタル)


 Twitter

https://twitter.com/huzimakiatusi



プロフィール
2012年、自身のソロ名義での音楽活動を開始後、そのサポートメンバーと、ポップロックバンド「センチミリメンタル」を結成。作詞作曲編曲全てを担当。
2015年に新プロジェクトとして、ソロユニット「ねぇ、忘れないでね。」での活動を開始。同年、メジャー直結型オーディション「イナズマゲート2015」にてグランプリを獲得した。
自身の活動と並行して、様々なアーティストへの楽曲提供やサウンドプロデュースを行う等、多方面に活動の場を広げている。


---

 

ねぇ、忘れないでね。オフィシャルサイト
http://ne-wasu.com
ねぇ、忘れないでね。 Twitterhttps://twitter.com/ne_wasu
「ラブソング / ねぇ、忘れないでね。」
https://youtu.be/aTZKpDm-

「echo / センチミリメンタル」
https://youtu.be/zk4bKYUkwzE
「小説版 echo(本人著)」
http://slib.net/a/13358/
 

言葉を伝えるということ

 

音楽という、いわゆるヒューマニズムにおける微妙な感性のアソシエーションは、古来からずっと伝わってきた一種のアナリシスである。
それがどうか。昨今の音楽シーンといえば、とにかくスペクタクル技法やマクロス眺望ばかりが目立ち、本質的なセンシティブな表現などが淘汰される傾向になってしまったと思う。

さて、僕は考える。
この先の「音楽」は、どうすべきか。
ドラスティックに変化を遂げていくとこに関しては、問題はないように思える。
むしろ、必要である。
問題はそこではなく、もっと根本的な、ナイーブかつファシリテーションな部分にあるのだ。

パラノイア、という言葉がある。
そこに対して様々な意見が交わされることと思うが、僕はそれら全てひっくるめて先導を切るものたちが犯した、最大のミスディレクションのように思える。
DTMミュージュクが一般に浸透してから早数十年が経ち、それらの音楽性に対してのレファンダムも随分と控えめとなってきた。
そういう風にして、この先、音楽のみならず、伝統や風習、そしてやがて社会、思考、全てが、おそらくリメディアルされていくのだろう。
それらの進化は素晴らしい反面、とても恐ろしいことだ。


ここで本題に戻る。

ここまでの内容、何言ってるか分かりますか。
どうでしょう。
ちなみに、僕は全然分かんない。
「難しい 横文字」で検索かけて出てきたやつをなんかそれっぽいところで、それっぽい響きのやつを差し込んでみました。あは。
なので解読出来ないのが、正解です。
どっきり大成功。

先程の文章は、ところどころ文章として成り立ってないヘンテコなものなのに、出てくる単語が専門用語や難しいものばかりで、なかなかその異変にも気づけない人がほとんどだと思います。
これに似た現象が、どの世界にもたくさんあります。
ビジネス、教育、政治、芸術…いたるところで専門用語や抽象表現が多用されて、結果その道の人でない、素人勢には、
なんのこっちゃ宇治抹茶〜♪
…的な感じになってしまう。
故にちゃんと伝わらない、というケースが本当多い!
もちろん、その全てが悪いわけじゃなくて、特に芸術面ではその抽象さを響きやニュアンスで楽しむこともあるから、全てが全てマイナスなわけではないのだけど。

僕は昔から言葉を紡ぐことが好きで、ポエムや小説を読んだり書いたりしていました。その中でたくさんの単語に触れ、自分の中のボキャブラリーを増やしてきました。
それらは作詞をする上でとてもとても重要で大切なものですが、

が、しかし!

受け取り手の頭の中にない単語を使っても、何ひとつ伝わらないという事に気付いたのです。

言葉を伝えるということは、簡単なようですごく難しい側面を持つもの。

それを音に乗せて、大衆に向けて歌うのだから細心の注意と、最高のこだわりが必要だよなぁと。

なので、基本的に僕の書く歌詞は、もし小難しい内容だったとしても、単語は聞き馴染みのある単語を優先的に使うことを強く意識しています。

---

「無題」

僕が「死にたい」って
死ぬ気もないくせに
つぶやいた その時にさ
どっかの誰かが
「死にたくないよ」って
泣きじゃくったりしてんのかな

くだらない理由で
喧嘩別れした
恋人たちがいる中で
離れたくないって
強く願うのに
引き裂かれる想いがある

あぁ、やるせなくて
どうしようもなくて
名もない病状

世界は いつでも
世界は いつでも
殺して 殺されて
見て 見ないフリして
廻ってるんだろ

世界は いつでも

世界は いつでも


君が「死にたい」って
そんな一言を
アクセサリーに使った時
生きる理由もなくて
生きる希望もなくて
消える命があるのにね

あぁ、やるせないな
どうしようもないな
名もない日常

僕らは いつでも
僕らは いつでも
殺して殺されても
他人だから、なんて
目を逸らしてる

僕らは いつでも

僕らは いつでも


世界は いつでも
世界は いつでも
殺して 殺されて
見て見ないフリして
「素晴らしい世界だ」

世界は いつでも
奪って 奪われて
他人事、だなんて
廻ってるんだろ
世界は いつでも

世界は いつでも
世界は いつでも
世界は いつでも

僕が「死にたい」って
死ぬ気もないくせに
つぶやいた その時にさ
どっかで誰かが
産まれて 喜びに
泣きじゃくったりしてんのかな

---

いかにシンプルかつ、分かりやすい単語で深い詞を書くか、これこそがテーマ!!
でもこれめちゃくちゃ難しいん…
シンプルで誰にでも理解できる単語を並べると、子供っぽくなってしまったり、浅い感じの内容になってしまったり…

でも、だからこそ。

そのテーマの元で、生み出す難しさ苦しみを超えたものたちが持つ「言葉の力」は、きっと人一倍強く、鋭く、温かい言葉のはずだと信じています。

僕の音楽を、言葉を、いつも受け取ってくれるみんな。
本当にありがとう。
ブログもこんな長いところまで読んでくれて…俺なら2行目で読むのやめてる。
そんな優しいみんなに、もっともっと受け取りやすく、心に残る大切な言葉たちを伝え続けれるようにこれからも頑張ります!!

さて、次回は、リスクマネジメントによるアセスメント契約のスムーズな仕方と、その裏側のオーセンティックな部分にメディカル思考を通じて触れていこうと思います。

では。


---

著者 : 温詞(ねぇ、忘れないでね。/ センチミリメンタル)

ねぇ、忘れないでね。 Twitter
https://twitter.com/huzimakiatusi


プロフィール
2012年、自身のソロ名義での音楽活動を開始後、そのサポートメンバーと、ポップロックバンド「センチミリメンタル」を結成。作詞作曲編曲全てを担当。
2015年に新プロジェクトとして、ソロユニット「ねぇ、忘れないでね。」での活動を開始。同年、メジャー直結型オーディション「イナズマゲート2015」にてグランプリを獲得した。
自身の活動と並行して、様々なアーティストへの楽曲提供やサウンドプロデュースを行う等、多方面に活動の場を広げている。

---

ねぇ、忘れないでね。オフィシャルサイト
http://ne-wasu.com

ねぇ、忘れないでね。 Twitter
https://twitter.com/ne_wasu

「ラブソング / ねぇ、忘れないでね。」
https://youtu.be/aTZKpDm-


「echo / センチミリメンタル」
https://youtu.be/zk4bKYUkwzE

「小説版 echo(本人著)」
http://slib.net/a/13358/

 

ブログ再始動と、ここまでの話。

 

ずっとブログをサボっていた。


ずっと、とはどのくらいなのかというと、丸2年近くの期間くらいである。長い。

遡ること5年前の夏、2012年の7月にセンチミリメンタルの活動を始めた。

f:id:huzimakiatusi:20170718201007j:image
とにかく僕は自信と希望に満ち溢れていた。
『音速で売れる』と、思っていたのである。

あらやだ恥ずかしい。
意気揚々とセンチミリメンタルのブログも開設し(https://ameblo.jp/cenmilli/)、割とコンスタントに更新をしていた。

が、

結果上手くいかなかった。


ライブハウスでは嫌味を言われ、メンバーは抜け、評価してくれるアーティスト仲間もおらず、そしてファンは増えなかった。
人生初めての挫折だった。
いや、というよりかはあまりに期間の長すぎる挫折、少しずつ沼地に沈んでいって、気がついたら頭の先までずっぼりはまって息もできない状態のような。

 

それまでの人生、割と評価されることが多かった。
マラソン大会では1位を取り、ピアノのコンクールでは毎度賞を取り、作文を書けば学校代表になったし、先生に勧められて何度も生徒会長をやり、絵や小説を書けば褒められ、喋れば面白いと笑ってくれる人がたくさんいた。えっへん!

もちろんそんなことばかりではなくて、苦手なことや出来ないこと、足りないこともとても多かったのだけれど、それを自分の中で帳消しに出来るくらいの自慢出来ることと、確かな評価があった。
そんな風にして生きてきたからか、いつからか、「評価されること=自分」という妙なプライドと固定概念で心が覆われていた。

そんな中でのセンチミリメンタルの挫折である。
自分の中での自分の評価がどんどん降下していき、やがて、自分自身を評価することが怖くなってしまった。


そうして、2015年にセンチミリメンタルに残った、僕以外の最後のメンバーの脱退が決まり、センチミリメンタルのブログの更新が完全に止まった。

 

…以来のブログ復活です!!!

 

ねぇちょっと!ブログ再始動1発目から内容が重すぎるのだけれど…!
次回はもう少しポップな内容の方がいいのでしょうか。
例えば「かんたんヘアアレンジ♪ゆるふわエアリーボブのセットの仕方をレクチャー☆」みたいな。(違う)

 

じゃあなんで今のタイミングで復活なのか、確固たる自信を取り戻したのか、と訊かれても正直そういうわけではない。
自信はあるけれど、自信を持っていたら傷付くのではと心配で、自信がない。
むしろ今精神的にもピークに追い詰められている。むしろ公私ともに絶望的な状況にあって。
ただ、行動を起こすことが何かを変えるかも知れない、くらいの思考でのリスタートでした。

 f:id:huzimakiatusi:20170718200901j:image

とはいえやっぱり初回からこんな内容が重たいとみんな読んでくれなくなると思うので、次回からは、
先月末に渡米してから3週間のサウジアラビア旅行記〜インド編〜
とかにでもしようかなと思っています。

ではまた。
次回もお楽しみに!

 

---

 

著者 : 温詞(ねぇ、忘れないでね。/ センチミリメンタル)

ねぇ、忘れないでね。 Twitter
https://twitter.com/huzimakiatusi


プロフィール
2012年、自身のソロ名義での音楽活動を開始後、そのサポートメンバーと、ポップロックバンド「センチミリメンタル」を結成。作詞作曲編曲全てを担当。
2015年に新プロジェクトとして、ソロユニット「ねぇ、忘れないでね。」での活動を開始。同年、メジャー直結型オーディション「イナズマゲート2015」にてグランプリを獲得した。
自身の活動と並行して、様々なアーティストへの楽曲提供やサウンドプロデュースを行う等、多方面に活動の場を広げている。

---

ねぇ、忘れないでね。オフィシャルサイト
http://ne-wasu.com

ねぇ、忘れないでね。 Twitter
https://twitter.com/ne_wasu

「ラブソング / ねぇ、忘れないでね。」
https://youtu.be/aTZKpDm-


「echo / センチミリメンタル」
https://youtu.be/zk4bKYUkwzE

「小説版 echo(本人著)」
http://slib.net/a/13358/